精神科での治療が必須|うつ診断をチェック【ストレスもうつ病の原因の一つ】

うつ診断をチェック【ストレスもうつ病の原因の一つ】

  1. ホーム
  2. 精神科での治療が必須

精神科での治療が必須

女性

なりやすい人がいます

心の病は早期発見と早期治療が社会復帰への第一歩です。中でもうつ病に関しては対応が早ければ短期間で回復させる事が期待できます。うつ病は意欲の低下と気分の落ち込みが主な症状ですが、人によっては急に明るく振舞う等の躁状態が見られる場合があります。素人には改善したかの様に見えるので、安易な判断は禁物です。2週間以上同じ様な症状が続く場合には専門医による診断と治療が必要です。心の病については一般的に精神科や心療内科での治療を考えます。心療内科では心理的な要因による胃潰瘍や気管支ぜんそく等の身体の症状が目立つ人が治療の対象となります。一方、精神科では統合失調症やパニック障害、幻聴や幻覚といった精神の症状を伴う精神疾患を治療します。うつ病の疑いがある人は精神科での治療が最適な選択です。大きな病院なら他の病気の診断ができる上に高度な治療を受ける事も可能です。精神科での治療は薬物療法が中心となります。この病気は様々な原因が理由となって生じている事が明らかになっていますが、その1つが脳内神経伝達物質の減少です。セロトニンやノルアドレナリン、ドーパミン等の物質は人の気分に影響を及ぼすので、減る事で様々な不快な症状を引き起こすと考えられています。抗うつ剤の効果によりこれ等の物質の減少を抑える事で、早ければ2週間前後で症状の改善が見られます。抗うつ剤には様々な種類がありますが、新しいタイプの薬は副作用が抑えられているので、長期間服用しても日常生活に支障をきたす事なく治療を継続する事ができます。心の病については偏見等が多く、適切な治療が受けられないまま病気をこじらせてしまう人が多い時代があります。しかし近年の患者数の増加に伴い病気への関心が高まり、理解を得られる様になっています。他の病気と同様に気軽に医療機関を利用する事ができます。そしてうつ病になりやすい人には共通した特徴があります。循環気質や執着気質の人達です。表面上は真面目で几帳面な上に仕事熱心なので、ある程度の社会的地位を維持している人も少なくないです。しかし複雑な人間関係に中でストレス耐性が低下しているという面を持っています。ストレスがきっかけとなり、うつ病を発症する人もいます。病気である事をなかなか認めない人も多いので、診断と治療が遅れる原因になっています。この様な気質を持つ人は心理療法を受ける事で高い改善効果を得る事ができます。精神分析による診断や認知行動療法を実践する事で主観的になりがちな心の動きを客観的に意識できる様になります。自然にストレスを溜め難い考え方が身に付く様になるので、予防効果も期待できます。そして本人が治療を拒んでも家族の相談を受け付けている所があります。患者を持つ家族や身近な人がどの様に本人への治療を促すかについてアドバイスを受ける事もできます。各医療機関だけでなく、自治体による相談窓口に直接電話で問い合わせる事もできます。他の病気である可能性も含めた上で適切な施設への紹介もしてくれます。この様に心の病に対しては、かなり幅広い窓口が用意されています。1人で悩む事なく、まずは第3者への相談が必要です。