うつ診断をチェック【ストレスもうつ病の原因の一つ】

  1. ホーム
  2. 大切なのは相性

大切なのは相性

医者

薬の使い分けを意識

気分の落ち込みや漠然とした不安を感じる事は誰にでもありますが、殆どの人は短期間で気にならなくなります。うつ病の人は様々な要因により憂うつな気分がいつまでも続きます。個人差はありますが、2週間から3週間以上続く様なら病気の可能性が高いと考えられます。できるだけ早く専門医による診断と治療が必要です。精神科での治療となりますが、設備の整った総合病院か身近なクリニックを利用する事になります。大きな病院ならCTやMRI等を利用した他の病気との識別診断も受ける事ができます。予約の取りやすさや利便性も大切ですが、医師との相性が重要なポイントになります。初診での症状で治療方針が立てられますが、症状は治療期間中に変化し続けます。こちらの症状についての説明が十分に伝わる為には医師との話しやすさや対応の仕方が大きく影響してきます。この病気は早ければ数週間が改善の兆しが見られる場合もありますが、中には数年の治療期間を必要とする場合もあります。治療効果が得られないのは、コミュ二ケーション量が不足している事が原因となっているケースも少なくないです。自分に合う医師が在籍する医療機関を見つける為にはネットを活用して医師や病院についての情報をあらかじめ集めておくのが得策です。各医療機関のホームページでは医師の経歴や専門分野等について知る事ができます。更に口コミサイトでは医師の対応の様子や治療効果についての貴重な体験談等を知る事ができるので、参考とする事ができます。多くの人から高い評価を受けている医師が在籍している病院なら安心して利用する事ができます。うつ病にはいくつもの種類があり、それぞれに治療方法が違います。典型的な大うつ病性障害に加え、躁状態を頻繁にくり返す双極性障害もあります。身体的症状が目立つ仮面うつ病や特定の事柄だけに過剰に反応するタイプもあります。統合失調症やパニック障害等の似た様な症状を持つ精神疾患との見分けも必要です。これ等についての診断は専門家でも判断が難しく、治療期間が長引く原因になっている場合もあります。治療には抗うつ剤による薬物療法が効果的です。早ければ2週間から1ヶ月位で効果を感じる事ができます。躁状態が混じる場合には気分の波を小さくする為の薬を投与します。同時に身体的な症状も考慮しながら適切な薬を使い分けていく事で改善させていきます。しかし中には。眠けやだるさ等の副作用を強く生じる種類の薬があります。これ等の副作用を逆手に取り、うつ病の症状を改善させるという方法もあります。この病気の多くはストレスがきっかけとなって発症します。そしてこの病気にかかりやすい人には共通の気質があるので、心理療法によって改善させる事が期待できます。中でも認知行動療法では誰もが持つ自動思考に気が付く事でストレスに対する接し方やかわし方を身に付けます。改善効果だけでなく予防の効果もあります。そして病気の診断を受けたら十分な休養が取れる様にリラックスできる環境づくりを心がける事が先決です。早期回復には患者本人だけでなく、家族や身近な人による協力も不可欠です。病気に対する正しい知識を持ち、長い目で見守る姿勢でいる事が大切です。