うつ診断をチェック【ストレスもうつ病の原因の一つ】

医師との信頼関係が大切

男性

症状の変化にも注意です

特徴的なうつ病の症状が複数みられると、医師にうつ病と診断されますが、症状になかなか気づけない患者さんもいます。症状が重くなってから病院に行く事のないように、一人一人が特徴を知る事で、自分自身だけではなく、家族の不調も分かるようになります。症状は主に身体症状と精神症状の二つがあり、身体の調子が悪くなることで、病院に行く方は多いです。腰痛や肩こりなど、身体の痛みに悩む方もいますし、便秘や睡眠障害に悩む方もいます。身体症状だけが現れる方もいるため、病院で様々な検査を受けて、特に病気が見つからない場合、うつ病が隠れている可能性があります。精神症状は、気分が憂うつになったり、意欲が出なかったりなど、日常生活で誰もが一度は経験したことのあるような気持ちの変化が起こります。悩みが解決すると、前向きな気持ちになる方もたくさんいますが、長期間悩み続けている方は、専門医の診断を受ける事をおすすめします。また、マイナス思考の妄想を繰り返してしまう方もいるため、これ以上悩み続けないように自分で気持ちを切り替えたり、相談相手を見つけたりする事にも注目です。朝は症状が重く、夕方になると回復していくのもうつ病の特徴なので、一日の時間とともに症状が変化する方も早めに専門医に相談です。症状が軽いうちは、無理をする事ができるため、症状が重くなってしまう方も多く、周りの人が気付いて休ませることが大事です。症状が軽いうちなら、仕事や子育てなど、普段と同じように生活しながら、治療を続けていける場合があります。悩みは人それぞれ異なるため、病院や診療所では、まず患者さんの情報を集めるために、医療面接が行われます。症状を知るだけではなく、患者さんの性格もきちんと知る必要がありますし、家族からも話を聞くことで原因を探るための情報を集めていけます。ストレスもうつ病の原因の一つなので、ストレスになるような環境の変化を確認する事も大事です。うつ病のきっかけとなるストレスは、単身赴任や仕事の失敗など、仕事を持つ方に多いストレスもありますし、子育てや職場での人間関係の悩みなど、女性が抱えるストレスにも注意が必要です。医師が患者さんの話を詳しく聞くことで、患者さん自身が気づいていない症状が見つかる事もあります。うつ病であるかを診断するために、症状の重さを知る事が重要なので、チェックリストを使い、質問をする医師もいます。医師は医療面接で、できるだけ多くの情報を集めてからうつ病の診断を行い、つらい症状を早めに改善できるように治療を始めていくことができます。重い症状に悩む方は、改善させるために薬を使った治療が進められ、抗うつ薬以外にも、医療面接で眠れない悩みを持つ事が分かれば、睡眠薬を処方する場合もあります。副作用に注意する必要があるため、少量から薬を使う治療の流れになりますし、時間をかけてもなかなか効果が現れない場合は、気分安定剤など、他の薬と併用する治療も可能です。患者さん一人一人に合った薬があるため、専門医との信頼関係を築きながら、適した治療方法を見つける事も大切なポイントです。

病気を改善する

看護師

うつ病であると診断された場合には、ストレスを感じる事無く安心して治療に専念する事ができる病院選びをする事が大切です。相性の良い医師であり的確なアドバイスをしてくれるか、費用は適切であるかなど総合的に判断して病院選びをする必要があります。

精神科での治療が必須

女性

うつ病をはじめとする心の病については、精神科で診断と治療を受けるのが最適です。抗うつ剤による薬物療法や心理療法は高い治療効果が期待できます。医療機関についての疑問や不安については各相談窓口を利用する事で解消する事ができるので安心です。

大切なのは相性

医者

うつ病の治療には、確かな診断と適切な薬の使い分けができる医師が在籍する医療機関を利用する事が必要です。薬物療法だけでなく、必要に応じて認知行動療法等の心理療法も行われます。短期間で回復させる為には、家族による協力も必要です。